こどもの運動指導講習会を開催しました

8月4日(土) に体育文化センターにて、『子どもの体力向上事業』の一環として「こどもの運動指導講習会」を開催しました。

講師には、東京大学大学院教授であり、日本バイオメカニクス学会会長、日本体育学会会長としても活躍されている深代千之先生をお招きしました。

101175_01.jpg

我が国のスポーツ科学の第一人者でいらっしゃる深代先生に、43名の少人数制の講習会で、身体と脳を育む「運脳神経のつくり方」についてご講演いただき、大変中身の濃い講義と実技を集中して学ぶ、またとない絶好の機会となりました。
講義では、現代人が運動不足になった背景や、幼少期の運動経験が、その後の運動習慣に大きく影響することなどをわかりやすく教えていただきました。

101175_02.jpg

実技では、すぐに活用できるドリルを体験し、今までとは違った感覚の走りを多くの方が実感していました。

101175_03.jpg

参加者からは、「運動や遊びで身体を動かすことが脳に影響を与えているのだと学べてよかった」「上手い下手が遺伝ではないことをわかりやすく学べた」「練習とトレーニングが違うことを知らなかったので今後は分けて実施していきたい」「今回の貴重な経験を今後の指導に活かしていきたい」などの声が寄せられ、大変好評でした。

101175_04.jpg

今後も多様な『子どもの体力向上事業』を企画していますので、ご参加をお待ちしております。

一覧へ戻る